カネカグループの分析会社

分析事例

電界脱離イオン化(FD)法による分析事例

FD法とはGC装置を介さず、試料を塗布したエミッターを直接質量分析計に導入する手法です。FD法はソフトなイオン化のため、分子量情報が得やすい、フラグメントイオンが少ないという特徴があります。FD法ではオリゴマー成分などの分子量の大きい成分や有機金属化合物などを分析することが可能です。
以下にFD法での分析事例をご紹介します。

分析事例1:界面活性剤(アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)の分析

FD法によりラウリルベンゼンスルホン酸ナトリウムの測定を行いました(図1参照)。測定の結果、分子量情報を与える分子イオンMとナトリウム付加イオン[M+Na]と推定されるイオンが検出されました。

図1 ラウリルベンゼンスルホン酸ナトリウム測定結果
図1 ラウリルベンゼンスルホン酸ナトリウム測定結果

分析事例2:有機ELパネルの発光材料の分析例

FD法により、有機ELパネルの発光材料であるトリス(8-キノリノラト)アルミニウム(Alq3)の測定を行いました(図2参照)。測定の結果、分子量情報を与える分子イオンMのみが検出されました。

図2 トリス(8-キノリノラト)アルミニウム測定結果
図2 トリス(8-キノリノラト)アルミニウム測定結果

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ