分析事例

高吸水性ポリマーの吸水過程のE-SEM観察

環境制御走査型電子顕微鏡(E-SEM:environmental scanning electron microscope)を用いて測定環境(真空度や温度)を制御することにより、水分を含んだ試料を観察することができます。
分析事例として、紙おむつや園芸用品、芳香剤、結露防止剤などに用いられている高吸水性ポリマー(高吸水性樹脂、高吸水性高分子)の吸水過程を観察しました。

分析試料

高吸水性ポリマー

分析装置

走査型電子顕微鏡(Zeiss製EVO LS15)
クールステージ(DEBEN製Cool Stage)

分析結果

高吸水性ポリマーが吸水し、膨張する様子を捉えることができました(図1)。この状態を動画でin-situ観察することもできます。

図1.高吸水性ポリマーの吸水過程の観察

図1 高吸水性ポリマーの吸水過程の観察