カネカグループの分析会社

分析装置紹介

パージ&トラップガスクロマトグラフ質量分析装置Purge&Trap - Gas Chromatograph / Mass Spectrometer(P&T-GC/MS)

P&T−GC/MS装置

P&T装置

装置名
日本分析工業製
型式:JHS−100キュ−リーポイントヘッドスペースサンプラー
装置の仕様
  • 試料加熱温度:常温〜350℃
  • オーブン温度 :常温〜200℃
  • 試料管:10ml
  • パージガス:He(10〜100ml/min.)
  • 吸着剤:TENAX,ガラスウール
  • 吸着剤捕集温度:常温〜−150℃(液体窒素使用)
  • 吸着管熱脱着温度:255℃

GC/MS装置

装置名
島津製作所製
型式:GC−17A/QP−5050A

項目P&T−GC/MS
原理ヘッドスペースサンプラー内の試料管に試料をセットし、一定温度で加熱します。このとき試料から加熱発生したガス成分を吸着剤にトラップ(冷却:液体窒素)させます。次に、吸着剤を包み込んでいるパイロホイルを高周波によって瞬時に加熱し、吸着させたガスを脱離させます。加熱発生ガス成分をオンラインでGC/MSにインジェクションし、定性、定量分析を行います。
試料固体(数mg〜5g程度まで)
液体(1ml〜5ml程度まで)
特徴試料から加熱発生したガス成分の全量をトラップするため、HS−GC/MSに比べ感度良く分析が行えます。
Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ