カネカグループの分析会社

分析事例

香気成分データベースによる鰹節の香気成分分析

香気成分データベース「Aroma office 2D」は、リテンションインデックス(RI)を基に、香気成分に絞った化合物情報や文献情報を集録したデータベースです。この「Aroma office 2D」を使用する事により、集録されている香気成分のデータベースから食品中の香気成分の自動一斉検索をはじめとした高精度かつ迅速なデータ解析が可能となりました。
弊社ではこの「Aroma office 2D」を導入し香気成分の定性分析を実施しており、正常品と異臭品の香りの違いなど、お客様が求められている特定の香気成分の探索のお手伝いをいたします。
※リテンションインデックスとはGCのリテンションタイムを標準物質により指標化(数値化)したものです。

鰹節の香気成分分析結果

分析法:ダイナミックヘッドスペース-スニッフィングGC/MS法

TIC、においシグナル

自動一斉検索結果「Aroma office 2D」

自動一斉検索結果「Aroma office 2D」

香気成分データベース「Aroma office 2D」による自動スクリーニング検索の結果、鰹節の香気主成分としてトリメチルアミンをはじめとする上記成分が推定されました。

今後応用できる分析対象

パン、ガム、飴、茶葉、調味料等の香気成分分析

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ