カネカグループの分析会社

分析事例

イオンクロマトグラフ(IC)による低級アミン類の分析

イオンクロマトグラフにより、水溶液中の様々なイオン種成分の測定が可能です。 一例として、陽イオン(Li、Na、NH4、K、Mg2+、Ca2+)や 陰イオン(F-、Cl-、NO2-、NO3-、Br-、SO4-、I-)、低級有機酸(ギ酸、酢酸) などを高感度に検出できます。低級アミン類もIC法により測定可能な成分の一つです。 アミン類は、医薬、農薬、合成樹脂、界面活性剤など化成品の原料として幅広く用いられています。ここでは、低級アミン類(モノメチルアミン、ジメチルアミン、トリエチルアミン)のIC測定例をご紹介します。

低級アミン類のイオンクロマトグラム例
低級アミン類のイオンクロマトグラム例

各成分の検量線は良好な直線性が得られており、精度の高い定量が可能です。

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ