カネカグループの分析会社

分析装置紹介

熱機械分析装置Thermomechanical Analyzer(TMA)

写真

装置名
株式会社日立ハイテクサイエンス製 TMA7100
装置の仕様
  • 測定温度範囲:-150℃~600℃
  • 昇温速度:0.01℃/min〜100℃/min
  • TMA測定範囲:±5mm0
  • TMA感度:0.01μm
  • 荷重範囲:±5.8N
  • 最大試料サイズ:
    • 膨張・圧縮 φ10mm×L25mm
    • 引張り W5mm×D1mm×L25mm
  • 解析ソフト:株式会社日立ハイテクサイエンス製 TA7000

一定の荷重を加え、試料を加熱しながらその寸法変化を測定します。試料の形状、目的に応じてプローブを取り替えます。

プローブの種類と用途
図1 プローブの種類と用途

膨張・圧縮ブロック試料の熱膨張、熱収縮測定
針入主にブロック試料の軟化点、融点の測定
引張りフィルム・繊維試料の熱膨張、熱収縮測定

図2 TMAによるIn測定例
図2 TMAによるIn測定例

図2:In測定において、試料の融解による変位が現れており、それにより融点が分かります。(圧縮モード)

図3 TMAによるAl線膨張係数測定例
図3 TMAによるAl線膨張係数測定例

図3:TMAで一定の荷重下での線膨張係数の測定が可能です。(圧縮モード)

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ