カネカグループの分析会社

分析事例

T2フィルター(緩和フィルター)を利用したNMR測定

混合試料において、T2フィルターを利用したNMR測定を実施すると、緩和時間の短い成分由来の信号を低減し、緩和時間の長い成分由来の信号を強調することができます。一般的に、高分子成分の緩和時間に比べ、低分子成分の緩和時間は長いため、低分子の添加剤を含んだ高分子材料の測定などに有用です。以下にポリスチレン(PS)と添加剤(セバシン酸ビス(1,2,2,6,6-ペンタメチル-4-ピペリジル))の混合試料(クロロホルム-d溶液)の測定例を示します。

グラフa

グラフb

グラフc

(c)のT2フィルターを用いた測定では、PSの幅広いシグナルが低減され(特に1.2~2.0ppmの領域)、セバシン酸ビス(1,2,2,6,6-ペンタメチル-4-ピペリジル)のシグナルが強調されています。

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ