カネカグループの分析会社

分析事例

LC-MS/MSによる有機窒素化合物の分析

メラミンなどの有機窒素化合物は、幅広く工業用途で使用されています。ここではLC-MS/MSを用いた有機窒素化合物の定量分析についてご紹介します。

メラミン

メラミンの構造式
メラミンの構造式

メラミンは食器などに使われるメラミン樹脂の原料に用いられています。
メラミン樹脂としての毒性は確認されていませんが、メラミンは継続的摂取により結石の原因となることが知られています。弊社では、水中のメラミン分析を実施しています。

  • 分析法:LC-MS/MS法
  • イオン化法:ESI法正イオンモード
  • LC-MS/MS装置:AB SCIEX製 QTRAP5500
  • モード:MRM

ジシアンジアミド

ジシアンジアミドはエポキシ樹脂の硬化剤などに使用されています。融点以上に加熱すると、メラミンを生じます。弊社ではLC-MS/MS法により、ジシアンジアミドの定量を実施しています。

  • 分析法:LC-MS/MS法
  • イオン化法:ESI法正イオンモード
  • LC-MS/MS装置:AB SCIEX製 TripleQuad5500
  • モード:MRM

その他

その他にも有機窒素化合物の定量分析を行っております。お気軽にお問い合わせください。

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ