カネカグループの分析会社

分析事例

GPCによるPET樹脂分子量分布測定

ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂は、飲料用ボトル以外に包装容器やシートなど様々な用途に用いられる樹脂です。PET樹脂は通常の有機溶媒には溶解しにくい樹脂ですが、ヘキサフルオロイソプロパノール(HFIP)には常温で溶解します。ここでは、PETボトルの分子量分布をGPC測定により、求めた事例をご紹介します。

分析試料

PETボトル(市販水用)

分析方法

カラム:HFIP-LG、HFIP-805、HFIP-803
溶離液:5mMトリフルオロ酢酸ナトリウム含有HFIP
カラム温度:40℃
流速:0.5mL
試料濃度:0.5mg/mL

結果

測定結果を図1、表1に示します。

図1

図1 微分分子量分布曲線

表1 分子量分布測定結果(PMMA換算)

試料MnMwMzMw/MnMz
PETボトル45,00082,000130,0001.892,000
Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ