カネカグループの分析会社

分析事例

クロロゲン酸類の定量分析

クロロゲン酸類は、ワインやコーヒー中に多く含まれているポリフェノールの一種です。クロロゲン酸類は、モノカフェオイルキナ酸類(CQA)、フェルロイルキナ酸類(FQA)、ジカフェオイルキナ酸類(diCQA)の総称で、抗酸化作用、血圧降下作用があります。ここでは、液体クロマトグラフ法によるCQAの分析を紹介します。

分析法

コーヒーイメージ図

クロロゲン酸類が多く含まれているコーヒーの分析例を示します。

分析法
HPLC
装置島津Prominence
検出器UV-vis
カラムODSカラム
定量下限0.5 μg/mL

図1 焙煎コーヒーのクロマトグラム例グラフ

図1 焙煎コーヒーのクロマトグラム例

図2 標準品(3-CQA)の検量線グラフ

図2 標準品(3-CQA)の検量線

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ