カネカグループの分析会社

分析事例

酸化ストレスマーカー(8-OHdG)の定量分析

紫外線やストレスを受けるとDNA中のグアニン塩基は活性酸素の作用により損傷を受け、8-ヒドロキシデオキシグアノシン(以下、8-OHdG) が生成します。この8-OHdGはDNAが修復される段階で細胞外に排除され、尿中に排泄されることが知られています。8-OHdGは比較的安定な化合物で、速やかに生体外(尿)に排泄されることから、酸化ストレスのマーカーとして利用されています。HPLC-ECD(電気化学検出器)、ELISAなどの測定法がありますが、当社ではELISAより選択性の高いLC-MS/MSを用いた尿中の8-OHdGの定量分析を実施しています。

LC-MS/MS

分析法

LC/MS/MS装置 AB SCIEX QTRAP® 5500LC-MS/MS

  • 装置:AB SCIEX製QTRAP5500
  • イオン化法:ESI ポジティブ
  • モード:MRM
尿中8-OHdGのMRMクロマトグラム
尿中8-OHdGのMRMクロマトグラム
尿中8-OHdGのHPLC-ECDクロマトグラム
尿中8-OHdGのHPLC-ECDクロマトグラム
化合物名検出限界定量下限
8-OHdG0.72

尿中濃度:ng/mL

ヒト尿中の8-OHdG定量結果(ng/mL)

試料8-OHdG
ヒト尿12.9
Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ