カネカグループの分析会社

分析事例

ラマン分光法を用いたUV硬化樹脂における硬化反応の評価

ラマン分光法の特徴の1つとして、高分子化合物中の結合(C=CやS-Sなど)由来のピーク変化が赤外分光法(IR)よりも明確に現れることが知られています。
本事例では、UV硬化樹脂の結合の変化による硬化反応の評価事例をご紹介します。

分析試料

  • アクリル系UV硬化樹脂

分析方法

He-Neレーザー(633nm)

分析結果

一般的にUV硬化樹脂の反応は、UV照射により光開始重合剤が分解、ラジカルを生成し、ラジカルの攻撃によりアクリレートのC=Cが減少すると考えられています(図1)。
UV照射時間(0分、2分、5分、10分)を変えたUV硬化樹脂のラマンスペクトルから、照射時間が長くなるにつれてC=C(1640cm-1付近)のピーク強度が減少していることが確認され、硬化反応が進行していることが判りました(図2)。
このように、ラマン分光法では特徴的な官能基に着目して、硬化反応のモニタリングを行うことができます。

図1 UV照射に伴う反応機構
図1 UV照射に伴う反応機構

図2 各UV照射時間でのUV硬化樹脂のラマンスペクトル
図2 各UV照射時間でのUV硬化樹脂のラマンスペクトル

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ