カネカグループの分析会社

分析事例

TEMによるCFRTP中の樹脂相の形態観察

CFRTP(熱可塑性樹脂炭素繊維強化プラスチック)は、炭素繊維を包む母材樹脂に熱可塑性樹脂を用いた複合材料であり、軽量・高強度という特長により、様々な分野への活用が広がっています。材料の物性を解析する上で形態観察は重要な手法の一つであり、微細構造の把握にはTEM(透過型電子顕微鏡)による観察が必要となります。本資料では、今回開発した前処理により、観察できるようになったCFRTP中の樹脂相の微細構造の観察結果を示します。

分析試料

  • ポリプロピレン(PP)と炭素繊維(CF)で構成されたCFRTP

分析方法

今回開発した前処理方法により試料を調製し、TEM観察を実施しました。

分析結果

TEM観察結果を図1に示します。弊社の従来の前処理方法ではPPとCFの判別はできましたが、PP中の微細構造は確認できませんでした。今回開発した前処理方法により、CFとの界面を含むPP層全体に結晶構造を示すラメラ(細かい縞模様)が観察できるようになりました。

図1 CFRTPのTEM像
図1 CFRTPのTEM像

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ