カネカグループの分析会社

分析装置紹介

加熱脱着ガスクロマトグラフ質量分析装置
Automatic Thermal Desorption - Gas Chromatograph / Mass Spectrometer(ATD-GC/MS)

PerkinElmer製TurboMatrixATD

装置名
ATDPerkinElmer製TurboMatrixATD
GC/MS島津製作所製QP-2010
装置の仕様
  • チューブオーブン温度:50〜400℃
  • トラップ温度:-30℃〜+150℃
  • トラップ加熱速度:5〜99℃/sec.

原理

試料ガスを捕集管に採取します。この捕集管に不活性ガスを流して水分を除去した後、捕集管を加熱して揮発性成分を脱着します。脱着した成分を二次捕集管(トラップ)にコールドトラップし、二次捕集管を急速に加熱して揮発性成分をGCカラムに導入し分析します。

主な分析用途

  • 大気中の揮発性有機化合物の分析
  • 悪臭分析
  • 室内環境測定 TVOC(総揮発性有機化合物)分析
  • 排ガスの定性分析
  • 加熱脱着法による材料分析

特徴

試料ガスを濃縮して分析することができるため、大気中の揮発性有機化合物等をppbオ−ダ−まで分析する事ができます。
キャニスター法と同様に、環境省有害大気汚染物質測定方法マニュアルに、固体吸着-加熱脱着-ガスクロマトグラフ質量分析法が採用されています。

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ