カネカグループの分析会社

分析事例

有害大気測定

有害大気汚染物質とは

有害大気汚染物質とは、低濃度であっても長期的な摂取により健康影響が生ずるおそれのある物質のことをいい、科学的知見の充実の下に、将来にわたって人の健康に係る被害が未然に防止されるよう施策を講じることとされている物質の総称です。揮発性有機化合物や有害金属の一部が含まれ、現在では大気汚染防止法によって該当する可能性がある物質として248物質、そのうち優先取組物質として23種がリストアップされています。

表1. 優先取組物質一覧

優先取組物質環境基準値
※1年の平均値に対して
指針値
※1年の平均値に対して
アクリロニトリル-2μg/m³以下
アセトアルデヒド--
塩化ビニルモノマー-10μg/m³以下
塩化メチル--
クロム及び三価クロム化合物--
六価クロム化合物--
クロロホルム-18μg/m³以下
酸化エチレン--
1,2-ジクロロエタン-1.6μg/m³以下
ジクロロメタン150μg/m³以下-
水銀及びその化合物-0.04μg Hg/m³以下
ダイオキシン類--
☆テトラクロロエチレン200μg/m³以下-
☆トリクロロエチレン200μg/m³以下-
トルエン--
ニッケル化合物-0.025μg Ni/m³以下
ヒ素及びその化合物-6ng As/m³以下
1,3-ブタジエン-2.5μg/m³以下
ベリリウム及びその化合物--
☆ベンゼン3μg/m³以下-
ベンゾ[a]ピレン--
ホルムアルデヒド--
マンガン及びその化合物--

☆ 早急に排出抑制を行わなければならない物質(指定物質)

VOCとは

VOCとは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称であり、揮発性の高い化合物の総称です。トルエン、キシレンなどが代表例です。塗料、接着剤、インクなどに溶剤として含まれるほか、自動車排ガスにも含まれます。
VOCは浮遊粒子状物質(SPM)や光化学オキシダント(光化学スモッグ)の原因物質の1つであり、大気汚染の原因物質として着目されています。これまでにも、大気汚染防止法において有害大気汚染物質の「優先取組物質」としてモニタリングが続けられてきました。さらに、2004年に大気汚染防止法が改正され、特定施設での排出口濃度規制や、工場等事業者の自主的削減取り組みが進められています。

分析法

当社では環境省「有害大気汚染物質測定方法マニュアル」記載の2種類の方法にて測定を実施しております。

・固相捕集-ガスクロマトグラフ質量分析法(加熱脱着−GC/MS)
加熱脱着装置 島津製作所TD-20
ガスクロマトグラフ質量分析計 島津製作所QP-2010 Ultra
・容器採取-ガスクロマトグラフ質量分析法(キャニスター−GC/MS)
キャニスターオートサンプラー Entech 7016CA-2
自動濃縮装置 Entech 7100A
ガスクロマトグラフ質量分析計 Agilent 5975

キャニスター-GC/MS法による分析

当社ではキャニスター−GC/MS測定システムを2008年に導入しました。

キャニスター−GC/MS測定システム

・高感度
本装置は、濃縮モジュールとクライオフォーカスを用いて、試料空気中のVOCのみを選択的に濃縮する装置です。試料空気を濃縮して測定するため、感度が高くなり、検出下限として0.01〜0.03μg/m3程度の高感度測定も可能です。
・簡易なサンプリング方法
「有害大気汚染物質測定方法マニュアル」に対応した採取法を採用しています。
真空装置で減圧にしたステンレス製の試料採取容器に流量調整装置をスパナで取り付け、バルブを開くだけで大気を24時間連続サンプリングすることが可能です。
電源不要で小さいのでコンパクトに設置することが出来る上、どなたにでもサンプリングできますので、ご要望に応じて予め減圧した採取容器を発送し、お客様でサンプリングを行い、試料容器を返送いただいて当社で分析することも可能です。
・ブランク低減の取り組み
大気中VOCの濃度範囲は広範に及ぶため、試料採取容器の洗浄・ブランク低減は重要です。採取容器の洗浄が不十分な場合、前試料のVOCが残留し、後の試料の測定値に影響を与える可能性があります。
当社では、キャニスターのクリーニングシステム(Entech 3100A)を導入し、試料採取容器のブランク低減に努めています。

クリーニングシステム(Entech 3100A)

極性物質を含む20成分のTIC
極性物質を含む20成分のTIC

放散試験もお任せ下さい

VOCはまた、シックハウス問題の原因物質とされており、建築材料や自動車内装材からのVOCの放出が注目されています。
当社は、小形チャンバーおよび内容量2m3の大形チャンバーを所有しており、これらを用いた放散試験を実施しております。

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ