カネカグループの分析会社

分析事例

モイストウンドヒーリング(湿潤療法)素材の組成分析

モイストウンドヒーリング(湿潤療法)に使用される絆創膏は「先端医療テクノロジーがキズを早く治す」ものとされ、閉鎖療法を利用した比較的新しい創傷被覆材であり、ハイドロコロイドゲルと呼ばれる素材が使用されています。
ここでは市販のモイストウンドヒーリング(湿潤療法)素材(図1参照)の組成分析を行いました。

図1 モイストウンドヒーリング(湿潤療法)素材模式図

図1 モイストウンドヒーリング(湿潤療法)素材模式図

(1)溶剤分別

試料を図2のフローに従って溶剤分別しました。

図2 モイストウンドヒーリング(湿潤療法)素材分別フロー

図2 モイストウンドヒーリング(湿潤療法)素材分別フロー

(2)表面層

表面層はその性状と、1H NMR分析及び熱分解GC/MS分析(図3参照)より、ポリテトラメチレングリコール(PTMG)及びメチレンジフェニルジイソシアネート(MDI)からなるポリウレタンゲルであると推定されました。また、この画分の灰分分析により、シリカ系の無機物を含むと推定されました。

図3 表面層分析結果

図3 表面層分析結果
(a)ゲル1H NMR MAS=2.5kHz、(b)熱分解GC/MS

(3)ハイドロコロイドゲル

ハイドロコロイドゲルはゲル13C NMR分析(図4参照)より、カルボキシメチルセルロース(CMC)であると推定されました。またこの画分の灰分分析により、炭酸カルシウムを含むと推定されました。

図4 ハイドロコロイドゲル13C NMR分析結果

図4 ハイドロコロイドゲル13C NMR分析結果
(MAS=2.5kHz)

(4)粘着剤層

粘着剤層は有機溶剤(1)/有機溶剤(2)再沈不溶分と可溶分に分離され、それぞれ1H NMR、熱分解GC/MS法により分析しました。有機溶剤(1)/有機溶剤(2)再沈不溶分は1H NMR、熱分解GC/MS分析(図5参照)の結果、不飽和結合を有するスチレン系エラストマー及び脂環式炭化水素成分であると推定されました。有機溶剤(1)/有機溶剤(2)再沈可溶分についても別途分析し、その組成を求めました。

図5 粘着剤層分析結果果

図5 粘着剤層分析結果
((a)1H NMR、(b)熱分解GC/MS)

(5)分析結果まとめ

モイストウンドヒーリング(湿潤療法)素材分析結果をまとめて表1に示します。

表1 モイストウンドヒーリング(湿潤療法)試料分析結果まとめ

部位推定成分
表面層PTMG/MDIからなるポリエーテル系ポリウレタン及びSi系無機物等
ハイドロコロイド粒子カルボキシメチルセルロース及び炭酸カルシウム等
粘着剤層スチレン系エラストマー(SIS等)
脂環式炭化水素成分
アジピン酸ジ−2−エチルヘキシル
Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ