カネカグループの分析会社

分析事例

還元型・酸化型CoQ10の定量分析

コエンザイムQ10(以下、CoQ10)は生体内でその大部分が還元型の形で存在し、エネルギー産生や抗酸化作用に関与し、アンチエイジングへの効果が期待されています。CoQ10の還元型・酸化型の比率は酸化ストレスのバロメーターとして有用な情報を提供するため、これらを個別に定量する方法が注目されています。当社ではHPLC-ECDを用いた分析の他に、LC-MS/MSを用いた血漿中の還元型・酸化型CoQ10の分別定量分析を実施しています。

年齢と共に減っていくコエンザイムQ10

年齢と共に減っていくコエンザイムQ10

分析法

LC-MS/MS
装置:AB SCIEX製QTRAP5500
イオン化法:ESI法 ポジティブ
モード:MRM

還元型CoQ10検量線
還元型CoQ10検量線
酸化型CoQ10検量線
酸化型CoQ10検量線

LC/MS/MS装置 AB SCIEX QTRAP® 5500

LC-ECDとLC-MS/MSの定量下限比較(μg/mL)

分析装置還元型CoQ10酸化型CoQ10
LC-ECD0.250.05
LC-MS/MS0.010.01

ヒト血漿中のCoQ10定量結果(μg/mL)

試料還元型CoQ10酸化型CoQ10
ヒト血漿0.780.043

機能性食品・一般食品分析 事例一覧

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ