カネカグループの分析会社

分析事例

MALDI/MSによるイメージング質量分析

MALDI/MS(マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析計)は合成高分子や生体高分子の質量を把握し、分子量情報のほかに化合物やその部分構造の組成式を求めることに使用されていましたが、近年イメージング機能を有する装置が開発されました。イメージング質量分析法により有機化合物の分布情報が得られることになり、医薬分野で代謝物、機能性物質の生体内での分布解析等、化学工業分野で部材の不良劣化解析等に適用され、急速にその利用分野が拡大しています。ここではイメージング質量分析についてご紹介します。

MALDI-TOFMS 装置 画像

MALDI-TOFMS 装置:
Bruker Dalitonics製 ultrafleXtreme

機種ultrafleXtreme
レーザーYAG2000Hz
空間分解能10μm
MS分解能40,000(70,000 @m/z3150)
MS感度250amol (S/N 200)
MS精度(内部標準/外部標準)1.5ppm, 5ppm
MS/MS分解能4,500
MS質量範囲<500,000

図1 MALDI/MSのイオン化イメージ
図1 MALDI/MSのイオン化イメージ

MALDI/MS 測定原理

  • 試料とマトリックスの混合物を調製
  • 窒素レーザーやYAGレーザー照射により、マトリックスがエネルギーを吸収
  • マトリックスが周囲のサンプルとともに気化される
  • 気化した試料分子にプロトンおよびカチオンが付加することによりイオン化する

イメージング質量分析

イメージング質量分析の画像
マウス腎臓から検出された成分をマッピングすることで、図のようなイメージング像が得られました。

各種分析 事例一覧

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ