カネカグループの分析会社

分析事例

ポリ塩化ビニル(PVC)中の可塑剤定量分析

軟質PVC製品には柔軟性を付与するために可塑剤が添加されています。使用される可塑剤もフタル酸エステル、アジピン酸エステル、トリメリット酸エステルなど多岐に渡り、軟質PVC製品の組成を把握するためには、これらの可塑剤を定量することが重要です。本資料では、GC/MS法を用いて軟質PVC製品中のフタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)を定量した事例を紹介します。

分析試料

医療用軟質PVC製品

分析方法

試料のテトラヒドロフラン溶液を調製し、GC/MS測定に供しました。

分析結果

GC/MS法により、試料に含まれるDEHPを定量した結果を表1に示します。また、GC/MS測定で得られたMSクロマトグラムを図1に示します。

表1. DEHPの定量結果(単位:wt%)
Entry1 Entry2 Mean
分析試料 28.7 29.4 29
MSクロマトグラフ
図1. MSクロマトグラフ
((a)試料 (b)標準品)

本分析法により、PVC中のフタル酸エステルを定量することができました。また、当社ではフタル酸エステルの他にアジピン酸エステルやトリメリット酸エステルなどの可塑剤も定量が可能です。参考までに、GC/MS測定で得られたアジピン酸ジオクチル(DOA)およびトリメリット酸トリオクチル(TOTM)のMSクロマトグラムを図2に示します。

MSクロマトグラフ
図2. MSクロマトグラフ
((a)DOA(b)TOTM)

組成分析 事例一覧

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ