カネカグループの分析会社

分析事例

樹脂製多孔質体の形態観察事例②

樹脂などの有機物で構成される複雑な構造の機能性材料に対して、凍結割断により断面を作製することで、内部の形態のSEM観察が可能です。

1.凍結割断面のSEM観察

図1. 樹脂製多孔質体の凍結割断面SEM像

図1. 樹脂製多孔質体の凍結割断面SEM像

中空構造の外部から内部に向かって孔が粗く、大きくなっていることが確認できます。

2.冷却BIB加工断面のSEM観察

凍結割断よりもさらに明瞭に内部の形態を観察するためには、BIBによる加工が有効な手段となります。特に樹脂等の熱に弱い材料については冷却加工することで、熱による影響を軽減し、より明瞭な内部の形態が観察できます。

図2. 樹脂製多孔質体の冷却BIB加工断面SEM像

図2. 樹脂製多孔質体の冷却BIB加工断面SEM像

外表面から少し内部が最も緻密な形態であることが確認できます。

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ