カネカグループの分析会社

分析装置紹介

誘導結合プラズマ質量分析装置Inductively Coupled Plasma Spectrometer(ICP-MS)

Agilent Technologies製 Agilent 7500C Agilent 7500CX

装置名
Agilent Technologies製
Agilent 7900、Agilent 7500CX
装置の仕様・適用範囲
  • プラズマガス:アルゴン
  • リアクションガス:水素,ヘリウム
  • 質量分析計:双曲面型四重極
  • 測定元素範囲:Li〜U
  • 測定液濃度範囲:0.1〜100ppb

ICP-MSは、試料溶液をネブライザで霧状にし、アルゴンプラズマ中に噴霧することにより金属原子がイオン化されます。生成したイオンは、インターフェース(サンプリングコーン・スキマーコーン)を介して質量分析計に導入され、質量/電荷数(m/z)に応じて分離され、検出器で計測されます。
非常に高感度な測定が可能であり、試料溶液中の殆どすべての元素をサブppt(ng/L)オーダーの極低濃度まで測定できます。
多元素同時測定が可能であり、材質中の金属元素の定量分析はもちろんのこと、定性/半定量分析としてよく用いられます。

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ