カネカグループの分析会社

塩化ビニル樹脂分析

元素分析

RoHS指令(電気電子機器に使用する特定有害物質の制限に関する指令)等で求められる有害金属成分(鉛、水銀、カドミウム、クロムなど)の定量には、前処理にマイクロウェーブ湿式分解を利用したICP/MS法、ICP/AES法が適用されます。

また添加剤分析の一環として蛍光X線分光法(XRF)も利用され、難燃剤の種類や安定剤の種類を推定するのに適しています。

XRF法による元素分析の例を以下に示します。
半定量測定の結果、安定剤由来金属としてSn、S、充填剤由来元素としてTi、Ca、Siが検出されました。

ポリ塩化ビニル(PVC)中の元素半定量分析例

PVC中の元素半定量分析結果

成分名 測定条件 スペクトル X線強度
(kcps)
分析結果
(mass%)
規格化前
(mass%)
Na Na05 Na-KA 0.0370 0.011 0.011
Mg Mg05 Mg-KA 0.0784 0.0084 0.0084
Al Al05 Al-KA 1.3547 0.044 0.044
Si Si05 Si-KA 19.0158 0.53 0.53
P P 05 P -KA 1.6187 0.019 0.019
S S 05 S -KA 2.6419 0.030 0.030
K K 04 K -KA 0.6888 0.0058 0.0058
Ca Ca04 Ca-KA 188.6189 1.4 1.4
Ti Hv05 Ti-KA 11.7826 2.0 2.0
Zn Hv05 Zn-KA 8.7940 0.089 0.089
Sr Hv05 Sr-KA 3.4544 0.0098 0.0098
Nb Hv05 Nb-KA 3.2834 0.0074 0.0074
Sn Sn04 Sn-LA 4.6780 0.12 0.12
Sb Sb04 Sb-LA 32.0479 0.75 0.75
Ba Ba04 Ba-LA 0.3397 0.11 0.11
Pb Hv05 Pb-LA 12.5637 0.17 0.17
PVC       95 95

図

検出元素 概略含有量(wt%)
Al 0.005
Si 0.16
S 0.14
K 0.001
Ca 0.13
Ti 0.20
Sn 0.41

PVC製品の画像

塩化ビニル樹脂分析について

  • 塩ビ原料から製品まで、様々な課題解決をお手伝いします。
  • 化学分析、物理分析両面でお客様のご要望にお応えします。

塩化ビニル樹脂分析トップページへ

Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ