カネカグループの分析会社

分析装置紹介

液体クロマトグラフィー/分解能飛行時間型質量分析計Liquid Chromatograph Time-of-flight Mass Spectrometry(LC-TOF/MS)

熱分解装置 装置名
ブルカー・ダルトニクス製 UHR-TOF maxis4G
装置の仕様
  • イオン化法 :APCI、APPI、ESI
  • 分子量範囲 :MS測定:m/z50〜20,000
  • MS/MS測定 :m/z50〜3,000
LC部 装置名
島津製作所製 Nexera2
装置の仕様
高圧グラジェントシステム、PDA検出器

装置の原理
TOF-MSとは、飛行時間型質量分析装置(Time-of-flight mass spectrometry)の略称です。イオン化された試料を一定の電圧をかけて加速し、一定距離を飛行させると質量数の小さいものは速く、質量数の大きいものは遅く検出器に到達します。この時間を測定することでイオンの質量を求める装置です。
装置の特長
  • 高分解能(60,000以上)と高質量精度(0.6ppm以下)を有します。
  • 低分子から高分子の未知物質の精密質量(m/z)を測定することにより分子式の推定が可能です。
  • MSとMS/MSから得た精密質量と同位体パターンを用いることで、構造推定が可能です。
  • LCで検出された不純物などの成分にはLC-TOF/MS法で、溶媒に難溶性を示す成分には直接導入法(Direct Probe)でイオン化を検討し、広い分野の研究・調査に貢献できます。
対象試料
合成化合物および天然物、薬物およびその代謝物、脂質および糖質分析、残留農薬および環境汚染に係る試験
Webからのお問い合わせ
お電話 / FAXでのお問い合わせ

株式会社カネカテクノリサーチ

大阪本社 営業部 TEL. 06-6226-4350  FAX. 06-6226-5517
東京営業所 TEL. 03-5297-5201  FAX. 03-3256-7860
名古屋営業所 TEL. 052-959-5766  FAX. 052-959-5760

営業時間 9:00~17:40(土・日・祝日は除く)

ページの先頭へ